FC2ブログ

キネステティク・プラス

キネステティク・プラス教育プログラムに関する情報提供を行うブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キネステティク・プラス」セミナー開催されました


『ベッド上のポジショニング 褥瘡予防のためのキネステティク・プラス』が開催されました。

褥瘡対策に焦点を絞り、講師ハイディ女史の直接指導のもと、日常ケアに活かせる動きの維持・向上の
ポイントを学んでいただきました。

「まずは、皆様が今日これだけは解決策を見つけて帰りたいと思っている日常ケアでの課題を教えてください。」

というハイディ女史の言葉からはじまり、それぞれが現在業務で困っている点を具体的に意識することからはじまりました。
課題は様々でしたが、他の方の課題も一度は経験したことのある悩みで、少人数のアットホームな雰囲気から、
お互いの課題に対して自分はどのような対策をとっているかを積極的に情報交換が行われました。

そして、受講生の方々の工夫やテクニックを聞いた後、体験と実習がスタート!
キネステティク・プラスセミナー



セミナーは常に体験、実習とともに進み、


・患者様は普段どのような姿勢でいるのか
・身体のどこに圧力がかかっているのか


を直に体験し、

「圧力のかかり方や息苦しさ、身体の痛みが体験できた」と患者様の立場となって初めて感じる
感覚を味わい、うなづいている場面が多くみられました。


さらにキネスティテク・プラスを患者様側、介助者様側両方の視点から体験し、
「圧力を逃すことでとても楽になることが実感できた」「繰り返し実践で活かしたい」など
実際にキネステティク・プラスを体験され、従来の方法を比較することで
受講生の皆様もその違いを実感されているようでした。

次回の褥瘡セミナーは:11月11日(大阪会場)です。
また、10月2日-5日にキネステティク・プラス モジュール3・4を開催予定です。


スポンサーサイト

品質保証


iso

VIV-ARTE®School of Move‑ment は、DIN ISO 9001の認証を取得しています。登録されているVIV‑ARTE®インストラクターがプロセス規定に従い、クライエントの知見とニーズに応じて適応させ ながら基本モジュールの授業を行います。介助現場における継続的な指導とアドバイスはVIV-ARTE®アドバイザー及びインストラクターが担当します。 登録されている VIV-ARTE®インストラクター及びアドバイザーの質は登録手続きによって保証しています。 クライエントのQOLと健康こそが最大の関心事です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。